お問い合わせ03(3790)8011

ルバート(rubato)

製品概要

4種類のローター(スウィングハンマー、チップハンマー、ノコ刃、高速ハンマー)によって原料特性に応じた最適な粉砕が可能であるとともに、粗砕から中砕、微粉砕まで対応します。
原料投入シュートや軸封部、粒度調整のためのスクリーンやロストルもご要望に合わせて自由にお選び頂けます。 また、大型機による大量処理が可能です。

適用例

  • バイオマス原料
  • 建築廃材
  • 食品
  • 化成品
  • 鉱物
  • 電池材料
  • 飼料
  • 肥料
  • 合成樹脂
  • 金属
  • セラミックス

粉砕ローター

【スウィングハンマー】

スウィングハンマーは強い衝撃力で原料を粉砕します。
ハンマーシャフトを軸にして先端のハンマーが回転する構造になっており、粉砕時の衝撃を逃がすため、硬いあるいは重い原料でも装置に過大なダメージを与えません。

【チップハンマー】

チップハンマーは衝撃力及び剪断力で原料を粉砕します。
専用ステーターにより原料とローターとの強力な速度差が生まれ効果的な粉砕が可能です。

【ノコ刃】

ノコ刃は先端の鋭利な刃物で強力な剪断力を与え、繊維状物質の原料を粉砕します。
最適化されたノコ刃プレートの取付けにより従来製品よりも原料の飲み込みが良く、処理能力が向上しています。

【高速ハンマー】

高速ハンマーは高速回転により、最外周部及びステーターの形状により乱流を起こし、原料とハンマーとの相対的な衝突速度差によって微粉砕します。

特長

  • 堅牢でシンプルな構造です。
  • 4種類のローターにより原料特性に応じた最適な衝撃・剪断粉砕を効率よく行うことが可能です。
  • 回転速度とスクリーン径を変えることで粉砕品の粒度調整が可能です。
  • 短時間に大量の微粉砕が可能です。
  • 必要に応じて、ハンマーやスクリーン、ケーシングのライナーに耐摩耗処理を施すことが出来ます。
  • チップハンマーやノコ刃の剪断力により、柔軟で弾性のある物質の粉砕も可能です。

応用例

  • 原料供給機、ブロワ、サイクロン、バグフィルター等と組み合わせた粉砕システムの構築が可能です。
  • 不活性ガス等による、閉回路システムの設計が可能です。

仕様

形式 rubato400-1/2L rubato400 rubato600 rubato800 rubato1000
動力 (kW) 7.5 15 30 55〜90 132〜160
ローター直径 (mm) 400 400 600 800 1000
ローター型式 スウィングハンマー(H.Type)、チップハンマー(C.Type)、
ノコ刃(S.Type)、高速ハンマー(F.Type)

参考

【スウィングハンマー処理事例】

 

粉砕後

【チップハンマー処理事例】

ウッドチップ

 

粉砕後

竹チップ

 

粉砕後

【ノコ刃処理事例】

パーム椰子空果房

 

粉砕後

【高速ハンマー処理事例】

チップハンマーにて
第一次粉砕

ウッドチップ

 

高速ハンマーにて第二次粉砕後